今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。 今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。
煎茶はなぜ緑なのか

煎茶が緑色なのは何故だと思いますか?

それは、摘んだ後にすぐ蒸して酸化酵素の働きを止め、
参加が進行しないようにしているからです。
これは「蒸熱」と呼ばれ、酵素の働きが止まることを「失活」と言います。
そしてその間、摘んでから蒸すまでの間、
長く放っておくとやはり酸化が進んでしまうので、
風を当てたり湿度を調整したり、といったことも行われています。

烏龍茶や紅茶はある程度酸化させて、途中で酸化を止めます。

煎茶の場合は酸化を止めるタイミングで出来上がりが異なり、
種類が分かれます。

ほとんど酸化させない煎茶は「不発酵茶」、
途中で酸化を止める烏龍茶は「半発酵茶」、
最後まで酸化させる紅茶は「発酵茶」、
微生物で発酵させるお茶は「後発酵茶」と呼ばれています。

材料とするチャの種類によって、それぞれの特長を最大限に
引き出せる方法でお茶を作っています。

カテキン量のの多いアッサム種で緑茶を作ると、
渋みが強くなりすぎます。
逆に、アミノ酸の多い中国種で紅茶を作るのは難しいです。

紅茶も烏龍茶も煎茶も、それぞれ最適なチャの種類があるんです。