今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。 今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。
最後まで美味しく飲むための、お茶(茶葉)の保存方法

せっかく品質の高い茶葉があるなら、正しい保存方法を知っておいてください。

やってはいけない保存方法で保存すると、せっかくの茶葉が台無しになってしまいます。

茶葉の大敵は酸化

お茶の味を損なう原因は、湿気と温度。高い湿気や温度は大敵です。茶葉の色や香りが劣化してしまいます。

酸素に触れさせるのも避けてください。

お茶の袋を開けたままだったり、輪ゴムでとめただけでは酸化が進んでしまいます。できるだけ茶筒や密閉できる容器・ジップロックなどに入れ、空気に触れないように保存しましょう。

パッケージが未開封の場合、袋のまま保存できます。冷凍庫に入れておくと1年くらい持ちます。解凍する際は、急に室温に戻すのではなく、一旦冷蔵庫に入れてください。急に室温に戻すと湿気てしまう恐れがあります。

日常的に使用するお茶の場合、冷蔵庫で保管するより冷暗所で保管した方が、湿気やにおい移りなどから守ることができます。

 

緑茶はデリケート

緑茶は摘採したお茶の葉を、蒸し上げ、乾燥させながら、丁寧に揉み込むことで生まれます。

茶の樹は紅茶や烏龍茶と同じですが、紅茶や烏龍茶と違って加工時に発酵させないので、緑茶はとても香り高く新鮮です。だからこそ、保存時に酸化しやすいデリケートな面を持っているので、保存には十分気をつけて、賞味期限内に美味しく飲み終わってくださいね。