今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。 今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。
茎から作られる白折、実はコスパ抜群!?

茶畑で摘まれた葉は、茶農家が色々と手を加えて、乾燥した茶葉になります。
これを「荒茶」といい、そのまま店頭に並ぶものではありません。

荒茶は葉の形や大きさが不揃いで、葉以外のものも入っています。

まずこの荒茶が茶問屋に渡り、形や大きさが整えられ、
保存できるように火入れされてできたものが、おなじみの煎茶や玉露です。
これらのお茶を仕上げ茶と言います。

荒茶から仕上げちゃになるまでに取り除かれる
粉・ウキ・木茎といったものは出物と呼ばれています。

この出物も捨てられることはありません。
粉はインスタント茶やティーバッグの原料になったり、
茎がほうじ茶の原料になります。

仕上げ茶は葉、出物は茎から作られますが、
当然、葉のほうが茎よりも高く売れます。

色や形状も、葉の方が茎よりも好まれます。
ただし、意外と茎のほうが旨味が高いこともあります。
茶に含まれるアミノ酸の約50%を占めるテアニンは茎に多いのです。

旨味だけを考えると、テアニンが豊富な茎をオススメします。

これを茎茶として、当店では白折として販売しています。

 

茶畑で摘まれた葉は、茶農家が色々と手を加えて、乾燥した茶葉になります。
これを「荒茶」といい、
そのまま店頭に並ぶものではありません。

荒茶は葉の形や大きさが不揃いで、葉以外のものも入っています。

まずこの荒茶が茶問屋に渡り、形や大きさが整えられ、
保存できるように火入れされてできたものが、おなじみの煎茶や玉露です。
これらのお茶を仕上げ茶と言います。

荒茶から仕上げちゃになるまでに取り除かれる
粉・ウキ・木茎といったものは出物と呼ばれています。

この出物も捨てられることはありません。
粉はインスタント茶やティーバッグの原料になったり、
茎がほうじ茶の原料になります。

仕上げ茶は葉、出物は茎から作られますが、
当然、葉のほうが茎よりも高く売れます。

色や形状も、葉の方が茎よりも好まれます。
ただし、意外と茎のほうが旨味が高いこともあります。
茶に含まれるアミノ酸の約50%を占めるテアニンは茎に多いのです。

旨味だけを考えると、テアニンが豊富な茎をオススメします。

これを茎茶として、当店では白折として販売しています。

当店の白折の味の特徴は
・煎茶よりも甘い
・渋みが少ない
・香ばしい
お茶の色は濃くありませんが、
玉露から取れた白折などは珍重され、人気のお茶の一つです。
是非ご賞味ください♪