【夏限定】熱いお茶から氷で冷ます本格冷茶 「夏煎茶」「夏玉露」 【夏限定】熱いお茶から氷で冷ます本格冷茶「夏煎茶」「夏玉露」~お中元にお菓子とセットしたギフトが人気です~
【お茶の淹れ方】やってはいけない間違った淹れ方

みなさんお茶を1日にどれくらい飲みますか?

自宅で、会社で、訪問先で、お茶を飲む機会は多いと思います。

お茶を美味しく淹れるために、
今日はやってはいけないお茶の淹れ方をご紹介します。

 

急須に直接熱湯を・・・

直接、急須に熱湯を注ぐのはよくないと
分かっている方は多いと思いますが、
それでもやはり電気ポットの熱湯を茶葉を入れた急須に
直接注いでいる方は多いみたいですね。

いいお茶の場合、本当にもったいないことです。

煎茶を美味しく淹れられるお湯の温度は50〜80度です。
玉露などの高級茶ほど低い温度で淹れると
渋み苦味が出にくくおいしく淹れられます。

熱湯はまず湯飲みに注いで10度下げてください。
それをまた急須に注げば10度下がります。

湯呑みも温まるし一石二鳥です。

 

急須を揺り動かす

早くお茶を出そうと、
急須をぐるぐると揺り動かす方がいます。

しかしそうすることにより、旨味成分だけでなく
苦味成分まで溶け出して、おいしくなくなってしまいます。

急須にお湯を入れたら、静かに待ちましょう。
そうすることで美味しいお茶が淹れられます。

 

急須にお茶を残す

急須からお茶を注ぐ時、水分は極力残さないでください。
最後の1滴まで湯飲みに注ぎ切ってください。
煎茶も紅茶も、最後の1滴が濃くて美味しいと言われています。

1煎目の水分をしっかり切っておかないと、
2煎目がおいしくなくなってしまいます。

急須に残った水分にお茶の苦味・渋味成分である
カテキンやカフェインが出てくるからです。

なので、湯飲みに入りきらなかったときは、
そのままにせずに別の湯飲みにでも注ぎ切ったほうがいいです。

また、茶葉はそのままにして時間をおくと、
空気中に存在する菌や微生物などがお茶の中に混入して腐りやすくなります。

お茶は急須に入れっぱなしにしないでくださいね。