【夏限定】熱いお茶から氷で冷ます本格冷茶 「夏煎茶」「夏玉露」 【夏限定】熱いお茶から氷で冷ます本格冷茶「夏煎茶」「夏玉露」~お中元にお菓子とセットしたギフトが人気です~
新茶を美味しく飲むために|おすすめ!急須の選び方

急須の選び方

急須はお茶を入れるための必要不可欠な道具、形や胴のふくらみ、注ぎ口の水切れ、お湯の入る分量などでお茶の味が変化します。

最も大切なのは茶こし部分の形状です。昔ながらの茶腰は、陶器の胴体やふくらませたデベソ部分に穴を開けたものですが、目詰まりしやすく煎茶や深蒸し煎茶などの繊細に仕上げられたお茶には不向きです。

オススメはステンレスが主流の金属製茶こしが装着された急須です。

茶こし部分が取り外しできるものや、いろいろな形状がありますが、茶カスが付着しますのでこまめなお手入れも美味しくお茶をいただくためには大切です。

 

急須のチェックポイント

急須の選び方・チェックポイント

①持ち手の角度

注ぎ口に対して85°から90°が持ちやすく、注ぎやすいです。

②水切れ

口の先が筒形で、厚みが同じものは水切れの悪いことがあります。できるなら水切れを試しましょう。

③蓋の穴

蓋の穴がないとお茶が出にくく急須の中で茶葉がかくはんされません。詰まりなどがないか確認しましょう。

④蓋と胴

蓋にガタつきがないこと。蓋と胴のすり合わせが悪いとお茶を注ぐときに漏れ出したりします。

 

常滑焼急須がオススメ

常滑焼急須はひとつひとつロクロ仕上げの手作りです。

摺り合わせ技法により、蓋のガタつきがありません。

また酸化鉄を多く含む土で作るので、使用時にお茶のタンニンと反応して、苦味がとれまろやかになります。

茶の葉堂の取扱商品です。