今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。 今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。
【茶文化を守る】お茶のルーツは九州

私たちの食卓に並ぶお茶は、長い歳月とたくさんの人の
愛情に育まれて美味しいお茶になります。

お茶畑をご覧になったことはありますか?

なだらかに広がる美しい茶畑は、
日本人のお茶に対する愛情の深さを象徴しています。

 

お茶のルーツは九州に

そんなお茶のルーツは九州にあります。

中国・宋の時代に帰朝した茶祖である栄西の上陸地である平戸、
日本茶栽培の発祥の地と言われている東背振山、
茶祖栄西が開山した日本最初の禅寺「聖福寺」、
八女茶発祥の「霊厳寺」、
豊臣秀吉とかかわりの深かった博多の豪商「神屋宗湛」、
煎茶を「道」にまで高めた佐賀の「高遊外売茶翁」、
日本茶を初めて輸出した長崎の女性貿易商「大浦慶」など、
九州はお茶文化にとても関わりが深い、
お茶文化発祥の地とも言えます。

 

九州は日本一の茶の産地

茶の産地としても、
九州は各地に有数の茶どころを抱えています。

生産量がついに日本1位2位を争う鹿児島、
八女、嬉野、霧島、熊本など、
九州でまとめると日本一の産地です。

 

我らが九州が誇るお茶ですが、残念なことに、
日本での消費量は減ってきています。
その代わり、海外への輸出量は増えています。

日本の茶文化を守ることは、
茶の葉堂の使命だと考えています。

これからも品質の高い、
何度でも飲みたくなるお茶を作り、販売していきます!