今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。 今年の新茶は、品質も高く味わい深い逸品となっております。旬の味わいを、奥八女よりいち早くお届けいたします。
お茶に適したお湯の温度を知っておこう

お茶を美味しく淹れるために、その持ち味を最大限に
引き出す湯温を知ることが最も重要です。

お茶の味を決める主成分は、アミノ酸(旨み)、
カテキン(渋み)、カフェイン(苦み)です。

このうちアミノ酸は温度にあまり関係なく、
カテキンやカフェインは行員で抽出されます。

玉露のような上級茶は、アミノ酸とカテキンの両成分を多く含み、
熱いお茶で淹れると渋みが多く抽出され、
本来の旨みを消してしまいます。

お客様にぬるいお茶を出すのは失礼なんかじゃないんです。
お客様には上級茶を熱くない湯温で出しましょう。
茶碗を温めるなどの配慮をすれば、おいしく味ってもらうことができます。

アミノ酸をあまり含まない低価格のお茶は、
熱いお湯で香りとさっぱりとした味を楽しんでください。

番茶、ほうじ茶、玄米茶、粉茶、釜炒り茶など

お湯は必ず一度ブクブクと沸騰させ、一度ポットや急須に移してください。
一度移すと湯温は10度下がって90度になります。
ほうじ茶など香りを楽しむお茶は、
90度の熱湯で風味を一気に引き出してください。

中・上級煎茶、蒸し製玉緑茶、茎茶

沸騰させたお湯をポットに移し、ポットからお湯を茶碗に注ぐと
80度くらいになります。そのまま1分ほど待つと湯温は75度前後に。
上級煎茶などは、75度くらいで淹れると
香りも旨みも楽しめます。

上級玉露、並玉露

ポットから茶碗に注いで5分ほど待つと50〜60度になります。
ポット→急須→茶碗→茶碗という流れでお湯を移していくと、
だいたい50 〜60度になります。
茶碗を掌でしっかり持てるくらいの温度が適温です。
まったりとした旨みを楽しむことができますよ。

なんでも熱々じゃないとダメ!と思ってる方は、
騙されたと思って上記の淹れ方でお茶を入れてみてください!