深蒸し煎茶

色鮮やかで渋みが少なく濃厚な味わいです。

 

茶葉を2〜3倍の時間をかけて長く蒸しあげます。

そのため、お茶の渋みが抑えられてまろやかな味わいになります。

形が細かく粉も多くなるので、お茶の旨味がそのまま溶け出します。

淹れやすいので初心者の方にもオススメです。

水出しにして飲む深蒸し茶は、特にオススメ!

 

お湯の最適温度

約80℃

深蒸し煎茶


茶の葉堂の煎茶は鮮やかな緑色が特徴です。

 

煎茶と深蒸し煎茶の違い

煎茶の一般的な蒸し時間は30秒~40秒ですが、深蒸し茶はその倍の60秒~80秒ほど蒸します。

蒸すことにより渋みが抑えられ、葉が細かくなり、抽出すると濃い緑色でまろやかなコクがあるのが特長です。

抽出しやすいので、水出し茶に向いています。

煎茶

煎茶

深蒸し煎茶

深蒸し煎茶

リセット